みなさま、こんにちは。太平です。

 

私は今、インドに住んでいるのですが。インドでイメージするものを人に尋ねますと。やはりカレー、タージマハル、ガンジス川、サリー、オートリキシャ、人が多い、ターバン、ヨガ、コブラ使い、タンドリーチキンといったキーワードが出てきます。

 

最近、これに混じってよく耳にするのがインド映画

ムンバイというインド1、2を争う都市は、インドのハリウッドと呼ばれ。

ボンベイ+ハリウッドで、インド映画をボリウッドと呼ぶ人もいるそうです(ソースはインド人なので真偽は不明でございます)

 

インド映画のイメージを尋ねると。

バイオレンス、純愛、神々などなど、これまた色々と出てくるのでありますが。

 

やはりダンス。ダンスダンスダンス

 

 

『耳を澄ませば求めているものの声が聞こえる。目を凝らせば求めているものの姿が見える』

〜村上春樹 『ダンスダンスダンス』〜

 

 

そう、ダンス。とかく、よく踊ります。

ラブシーンの要に、戦闘シーンの要に、人と人の感情の接点で

 

 

私の尊敬しているインド人の芸術家に尋ねてみました。

どうして君たちの映画文化では『ダンス』が重要視されているの?

 

 

芸術家マニー『人間ってのは、複雑な。本当に複雑で、自分でも、親でも友達でも把握しきれないような深遠な部分を持っているわ。人間の中には神が住んでいるところがあるの。そんな神々の接する場所。もう、会話や表情では説明が出来ない場所。映画の枠を越えた場所。そんなところで、私達は踊るの。神に祈りを込めて』

 

 

さっすが、芸術家マニー。

そんな説明、今まで誰もしてくれなかったよ。

 

芸術家マニー『あら、でもこれは私の個人的な価値観。真実はそれぞれにあるのよ。まあそれも本当はまやかしだけど・・・』

 

 

ちなみに芸術家マニーも実在しないんでしょ?

 

 

芸術家マニー『そうよ、私は、太平の心のなかにいる架空のインド人。肉体を持っていない寂しさってのもあるのよ』

 

 
 

 

 

まあ、そんな与太話はさておいて。

『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権』ってご存じですか?

 



 

こういったものです。これは是非見て欲しいなぁ。なかなか幸せな気分になる動画です。

 

これをチームメイト達に見せてみるという実験を行いました。

 

 

結果:大受け!!!

 

 

チャイ君は悶絶しながら転げ回り3回リピートしました。

普段クールなオシャレさんも爆笑。

分析家のルームメイトは「おいTaihei!!!こいつら何を喋ってるんだ? 通訳してくれ!!」と笑い転げながら無茶な要求をしてくる。

 

 
 

まとめ:モノマネはインド人・シンガポール人にも通用する

 

 

 

 

さてさて表題の話にいきましょう。先日北大路魯山人の話を書きましたが、私は魯山人さんにドハマリし、写真付きの全集をキンドルで購入し、ウヒウヒ言いながら何度も読み返しております。

 

どうして今まで読まなかったのかと、不思議に思うほど良いです。

平易でかつ、華麗な文章。そしてときどき出てくる毒舌の数々。

 
 

流石はリアル海原雄山

 

 

『さかなを焼くときは・・・

さかなというやつは、おもしろいものだ。じっと目を放さずに見つめていると、なかなか焼けない。それなのに、ちょっとよそ見をすると急いで焦げたがる。

人間は目をつけていると、急いで用事をするが、目をはなすと、さっそく怠けている』

 

こういうサラッとしたやつが、ズキュンと来る。こういう文章は、普通、絶対に書けない。能力的に書けないか、年齢的に書けないかは、それぞれあると思いますが。これを、サラッと書けることはとんでもない事だと私は思います。

 

 

 

魯山人さんの美食の姿勢として。美味しい物を食べるなら、何よりも基本的なところ、『一番小さいところというのを突き詰めていく必要がある』というようなことがよく書かれています。

 

 

本当に美味しい物を求めるのなら。まず鰹節の選び方から集中すべきで。

良い鰹節が選べたのなら、いい削り器というものを考えなければならない、と。

そしてどうやってソレを扱い、どのように出汁を取るか。ということをハッキリとした言葉で書いています。

 

 

素材本来の味、というものが一番大事なので。その素材にこだわり。素材の味をどうやって引き出して上げるか、ということが大事なのだと。

 

 

良く書かれているのは、素材を大事にしなさい。

自然界のそれぞれの命は、それぞれ違う味をもっているのだから。それを大切に扱わなければならない。

 

料理とは『理』を『料る(はかる)』もので

そこにある『理』を蔑ろにしてはいけませんよ、と。

 

 

 

 

読んでいると『マザーテレサ』の言葉が頭に浮かぶことが良くあります。

 

 

 

『大切なのは、どれだけ大きな事をするかではなく。小さな事にどれだけ大きな愛を込めるかです』

 

 

 

『大きなことをできる人は沢山いますが、小さなことをしようとするひとはごくわずかしかいません』

 

 

 

『小さいことは本当に小さい。でも小さいことに信念をもつのは偉大なことです』

 

 

 

魯山人さんは、もしかしたら。素材というもの。つまりありとあらゆる命を、徹底的に愛した人だったんじゃないのかな?と感じます。

 

 

 

 

総括:太平は魯山人さんのにわか大ファン!

 

 




 IMG_0166

 

写真は去年オイスターバーで食べたヤツです。こんなんを食べたいわぁ☆ 


 

 

 

『愛は常に旬の果物で。誰の手に届くところにもあります』

〜マザーテレサ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

『平和は笑顔から始まります』

〜マザーテレサ〜

 
 

 

 

 
 

 

What can you do to promote world peace? Go home and love your family

(世界平和のために何をしたら良いのか? 家に帰って家族を大切にしてあげてください)

〜マザーテレサ〜

 

 

 

 

 

 

↓何か感じることがあれば押してください^^ 貴方が嬉しいと、私も嬉しいです^^

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. あおむし
    • 2016年11月07日 22:28
    • 動画、観ながら声に出して笑ってしまいました。
      小さなことから、というのは
      ゆっくりやるのが1番はやい
      ということと同義でしょうか?
    • 2. Taihei
    • 2016年11月10日 02:25
    • >あおむしさん

      動画を笑ってくれたのは嬉しいですな^^

      小さな事からが一番早いかどうかは人によりますし。

      その人にとっての小さいも人によって違います。

      ただ小さいものは見つけにくいことが多いので。

      そこに戻ってこなければならなくなることは、傾向として多いようです。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック