やっほー 太平です。予告通り今日はお祭りだよ。

でもお祭りを始める前に、一言だけ。

~~~~ 

 

鳥取県を中心に大きな地震が起きたとニュースが入りました。被害の程は、東日本大震災の規模と比較すれば、そこまで大きくないと伺いましたが。現地の人達のことを思うと胸を痛めております。

 

地震というものは、地震雷火事親父と呼ばれる、一番恐ろしい自然災害なのですが。その恐ろしさの本質は、いつくるか分からないということと。それが終わりかどうかが分からない、というところにあると思います。

 

続く地震が無いことを祈りますが、注意と備えということは、無いよりはあった方が良いのかなと感じます。これ以上被害が広がらないよう、心からお祈り申し上げます。

 
~~~~
 

では、お祭りを始めます。

お祭りの絶対条件は、太平は自覚できる嘘は絶対につかないってこと! たったそれだけ^^

 
お祭り

 

太平も人の子供だから、親がいるんだよ。親父はね、なかなか凄いヤツだと太平は思ってるんだ。感情的に怒鳴ったりすることは、人生でほとんど見たこと無い。1回しかないよ!(太平がカウントしてるのはね) その1回は、爆笑必至だと思うから、また書いちゃうね!

 
 

でもね、子供の頃の太平が何か困ったことや、苦しんでたりすると、いつもこう言うんだ。

 

親父「いいか、それは小難だ。お前は小さな難で大きな難を避けたんだ」って

 

親父「大難を中難で避け、中難を小難で避け、小さな難を避けられれば、やがて無難に至る」

 

親父「無難に至れるように人生を修行しろ、難を呼ぶ人間にはなるな」って。

 

とにかく親父には感謝してるんだ。自慢の親父なんだぜ!かっこいいでしょ^^ 

 
 

 

さて今日から新キャラが2人登場します!

太平の大事な友達だよ! 大変だった大学生活時代、太平を鍛え上げてくれた同級生なんだ! 

 

1人はえーちゃん(仮)男性だよ。

 

えーちゃんはもの凄い強運なの! だけどもの凄い運が悪いの! 籤を引くと『入っていれば、高確率で凶を引くの!』
 

次から次へと不運がやってくるんだけど、とてつもない強運で、笑いながら突破するんだ! で、災難を突破する度に運が強くなるの!

 
 

 

ドラゴンボールみたいでしょ?(笑)

 

えーちゃんは昔からすごく気が合ってね。よく2人でも遊ぶんだ。

 

学生時代聞いてみたんよ

「何でそんなに運が強いの?」って

 

 

そしたら彼が言うんだ

「違うよ! 運が強いヤツが生き残ってるんだよ!」って
 

 

わけわかんないでしょ?

でもね、俺、それ何となく分かったんだ。

 

つまりねパラレル世界ってのがあったとして、困難が来る度に、一定割合のパラレルワールドの彼は死んでるの!
 

 

俺は何千、何万と死んでいったえーちゃんの、その生き残りと出会ってるんだね。
 

 

もう頭のおかしい世界でしょ?(笑)

 

でも、そうじゃなきゃ説明できないくらい、彼は運が悪くて、異常に運が強いんだ。

 

子供の頃は、ビルの屋上からぶらさがって遊んだりしたんだって^^;

 

そのときパラレルワールドのえーちゃんは相当数死んだよね^^;

 
 

 

そういう意味では、今、出会っている奇跡ってのは、さらに輪をかけて奇跡だよね! 
ある意味、俺がえーちゃんの生きている世界を選んでいるのかもね^^

 

 

 

 

もう1人の新キャラはヘソ君(仮)

ヘソ君は、一言で説明すると『糞野郎』なの! 
正直、フルネームで書いても良いんだけど、迷惑かかるといけないからね^^ ヘソ君にかかる迷惑は全く心が痛まないんだけど、ヘソ君の周りにいる人に迷惑かかるのが嫌なだけなんだ^^

 

怖いのがね、ヘソ君は『糞野郎』って言われると『嬉しいらしいの!』

俺、人が嬉しいと嬉しいんだ。すごいでしょ、この悪口、彼を喜ばせてるんだよ! 常識ってなんだろうね?

 

 

まずヘソ君は日本人なんだけど、インド人みたいな人なの。

 
 

待ち合わせ時間という概念が崩壊してるの!

 

学生時代の土曜日かな。まあとにかくお休みの日。

 

朝11時にヘソ君から電話がかかってきた

 

ヘソ君「太平! お昼ご飯行こう!」

太平「よっしゃ行こう」

ヘソ君「シャワー浴びてから迎えにいくねー
 

 

昼1時

・  ・・まだ来ない。何か交通事故とかに巻き込まれたんじゃないか? なんて心配は一切せず。空腹でイライラしながらヘソ君に電話するよね。

太平「おい、まだかよ」

ヘソ君「あ、うんうん。もうちょっと待ってて」

太平「マジで俺。腹減ってんの、急いで!」

ヘソ君「ああ、うんうん。シャワー浴びてから行くわ^^

 

 



 

 

まだお前シャワー浴びてないんかい!!!!(怒)

 

 

 

で、昼3時

もう、空腹の絶頂。でも、まだヘソ君来ないの!電話するよね

太平「おい、マジで勘弁してけろ」

ヘソ君「おお、うんうん。だよねー、もうちょっとだから」

太平「いつくるんだよう(泣)」

ヘソ君「いや、そのね。シャワー浴びたらすぐ行くから

 

 





 

ちょっおまっ! まだシャワー浴びてないんかい!(超怒)

 

ってか、なんでそんなにシャワーにこだわる?しずかちゃんかお前は!



そもそもお前から誘っといて、どういうことやねん(泣) 

 
 

 

結局来たのは午後5時で、昼飯の予定が夕飯になったよね。

とにかく、一事が万事こんな感じで、つねに俺の『当たり前』を破壊してくるんだ。

 

シャワーってのは本当は別の意味があることを後に知ることになったんだけど、それはこのブログの、かろうじて保っている『人としての生き方』のギリギリのラインを越えてくるから内緒ね^^

 

 

 

とにかく、この新キャラ2人! これからよろしくね。これからちょくちょく出てくるから^^

 

 

で、話を大学時代に戻すのだけど。

太平は家の事業が倒産して、お金が無くなった。

 

えーちゃんはちょっと特殊な能力があるから、太平が奨学金を手に入れるための手伝って貰ったんだ。だからえーちゃんだけは、俺がお金無いこと知ってるのね。ヘソ君は多分知らなかったと思う。

 
 

とにかく、お金のことで大変だったし、太平は色んなバランスを崩して。留年しちゃったの!

 

でもね、この留年期間はある意味助かった。バイトができるから。(あんまり貯まらなかったけど)

 

ある時期は深夜のコンビニで、毎日のように徹夜で働いて。廃棄の弁当を食べてから、家に帰って、泥のように眠るって生活をしてたんだ!

 
 

だいたい毎日、午前9時くらいかな? 眠りにつくのが。

 

 

 

するとね、午前10時くらいに

 
 

 

『たいへい! ごはん驕ってー!!!』
 

 

って叫びながら、授業をサボったえーちゃんとヘソ君が部屋に乱入してくるんだ! 
たたき起こされるの(笑)

 

 

 

で、何をするかっていうと『麻雀』なの。

 

俺も結構強かったんだけど、その2人もメチャクチャ強いの。

 

冷静に分析してみると

 

えーちゃん【麻雀力:100】 太平【麻雀力:95】 ヘソ君【麻雀力:94

くらいなの。

 

でも、麻雀って運の要素があるゲームだから、この3人で普通にやると、誰が勝つか分からないのね。

 

だけどそのときのルールは

『最下位が残りの2人にお昼ご飯をご馳走する』ってルールなの!!

 

 

 

 

『2人がかりで、俺を殺そうと向かってくるの!』(笑)

 

 
 

もうね、これ、無理ゲームなの! だって2人とも異常に強いから。2人相手にしたら勝ち目ないの。

10回は連続で昼飯おごったよね。

 
 

コンビニで徹夜でバイトして、一日8000円くらい稼ぐんだけど。

あいつらメッチャ食べるから、昼飯に3000円とか4000円とかかかったりするの! たまにえーちゃんは彼女連れてくるから、何故か彼女の分まで驕る羽目になるの(泣)

 

 

でも太平はアホだから、『勝てば良いんだろ!』という謎思考に走った。
 

とにかく、許してくださいって言うのは耐えられなかった。

だって、相手はえーちゃんとヘソ君だし。

 

 

まあでも、肉体的には異常事態だよね。徹夜で働いて帰ってきて。

強盗に寝込みを襲われて、金を奪われて、イライラした状態で、また働きにいくんだぜ(笑)

 

 

あ、ちなみに。太平は2浪1留バツ1。麻雀で言うと「マンガン」なんだ。

麻雀分かる人は、今、ちょっと俺を尊敬したでしょ?

へっへっへ。結構高いんだぜ、俺。

 

あんまり高くなると、振り込んでくれなくなっちゃうから気をつけないとね☆

 

 

 

だから、とにかく戦い方を必死で考えた。

10連敗くらいしたとき、ついに、限界を突破して。勝負の途中で誰が負けてもおかしくない状態まで持っていったの!

 

 

そしたら

 

 


 

『今度はえーちゃんがヘソ君を攻撃しはじめたの!』 




『ヘソ君を裏切って、俺に寝返ったの(笑)』

 

だってガチンコでやって、負ける可能性が出てきたら、弱いヤツに照準をしぼって攻撃した方が安全だもんね(勝てないけど負けなくなるから)

 

 

そんなわけで、ヘソ君が負けたの。

その日はヘソ君、驕ってくれた。勝利の味がした。もう一番高いヤツ食べた(笑)何食べたかは覚えてないけど、多分一番高いヤツを選んだと思う。

 

 

でもねヘソ君もくやしいじゃん?

翌日も俺をたたき起こしに来るの、えーちゃんと一緒に

 

『太平! ごはんおごってー』って

 

でも、またヘソ君が負けたよね。なぜならヘソ君を狙った方が楽だって、えーちゃんが学習しちゃったから。えーちゃんは野生の猿みたいな生き物だからね、基本『楽が広がる方向性』で動くんだ。

 

 

でも、ヘソ君、今度はご馳走してくれなかった。

「ちょっと今日は用事があるから、次に驕るわ」って

 

 

 

で数日後、また2人が乗り込んできたの。『ごはんおごってー!』って

またヘソ君が負けたの

 

で言うの「ちょっと、今日も用事があるから、次に驕るわ」って。

 





 
 

 

『そして来なくなった』

 

 

 

 

これは、俺の完全勝利だよね!
大難を無難に変えてやった! 

ってか、ヘソ君。マジで、おれまだ覚えてるからね。ちゃんと驕れよ(笑)

 

 

 

 

以上。太平の根性を鍛え上げてくれた、大事な私の友達の話でした。

でもね、今の太平だったら、きっとお金がないことを説明して。割り勘でご飯を食べられるんだ。
それは色んな執着が無くなって、争うことを選ばなくても済むようになったから。

だって大難を無難に変えたと思ってたけど、本当は違うんだ。これはね、難を呼んでいる、争いを産む生き方なんだ。
 
不完全な完全勝利なんだね
 

次回は化粧で書いちゃうよ☆

 

 

 

 
 

 

 

 

『めぐり来る季節をかぞえながら めぐり逢う命をかぞえながら 畏れながら憎みながら いつか愛をしっていく』

~中島みゆき~

 
 

 
 

 

 

 

『おそろしいものの形をノートに描いてみなさい そこに描けないものが君たちを殺すだろう』

~中島みゆき~

 

 

 

 

 

 

 

『むずかしい言葉は自分を守ったかい 振りまわす刃は自分を守ったかい 降りかかる火の粉と降り注ぐ愛情を けして間違わずに来たとはいえない』

~中島みゆき~

 

 

 

 

 

↓笑ったり、何か胸に響くことがあったり。なんでも良いです。何か感じたら、何か反応いただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメント

 コメント一覧 (4)

    • 1. うさぎ☆☆☆
    • 2016年10月22日 12:22
    • 5

      私を呼んだ?

      糞野郎って言われて喜ぶ奴はどこにいるの?

      私が大声で叫んであげるわ!

      「この糞野郎が!」

      先生、こんな感じで良かったですか?

      引かないで笑ってね!

    • 2. Taihei
    • 2016年10月22日 12:36
    • >うさぎさん

      引かない引かない、笑いました^^

      そうか、貴方のところに派遣したら良いのね^^

      でも、もしかしたら貴方が引いちゃうくらいとんでもないヤツよ(笑)
    • 3. うさぎ☆☆☆
    • 2016年10月22日 14:16
    • 5
      日常生活を人並みに送れてさえいれば大丈夫ですけどね(^_^;)

      大抵の奴隷ちゃんは

      とんでもない(@_@)癖を持っているものでして(笑)

      とんでもない奴使いが本業でしてf^_^;

      ところで先生!

      見つけましたよ♪

      Facebook( ̄∀ ̄)

      ガラケーなのでPCに座ってゆっくり閲覧出来る時しか覗きませんけど

      宜しければお友達に加えて頂けたらなぁと(≧∇≦)

      今日のお話、素敵なお父様だなと思いました

      私も父の残した倒産後の処理に走り回った記憶があります

      それでもやはり父親というのは尊敬します

      次回も楽しみにしております!
    • 4. Taihei
    • 2016年10月23日 01:20
    • >うさぎさん

      はーい、申請させていただきました^^

      父を褒めて頂けると嬉しいですね。ありがとうございます。

      あなたも大変だったのですね。きっと全てが実りになって、今のあなたになっているのですね。

      今後ともよろしくお願いします^^
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック