友達からLineが届く

 
 38

 

お前のブログに『刑務所医師の募集広告が貼られているぞ!』と

 

刑務所+医師

今まで、全く考えたこともなかったし。知らないエリア

残念ながら、インドにいる私のPC・スマホ端末にはその広告は貼られなかった

 

なので刑務所医師について調べてみた

以下は複数サイトからの要約である

 
 

・  年収:1200万〜1400万 (38歳で1300
 

・  仕事時間:平日9時〜17(この条件で、この年収は素晴らしいと思う)
 

・  訴訟リスク:国がバックアップするので、訴訟に対する心配はありません!だ、断言しやがった。こんな文言初めて見た。国がケツ持ちをする、すげー響きだ)
 

・  資格:医師免許さえあれば、専門はなんでも良い(マジか!)
 

・  施設数:刑務所と拘置所合わせて188-300施設 (サイトによってバラバラ。少年院を入れるかどうか?など数え方の基準が違うと思われる)
 

・  常勤医師の定員:全国合計で226-330 年々減少傾向
 

・  求人倍率:地方の刑務所では医師の定員割れが多い(場所さえ選ばなければ、就職は難しくないのね)
 

・  主な対象疾患:高血圧・糖尿病・腰痛 少年院では喘息の治療も多い
 

・  医療刑務所:八王子と大阪の医療刑務所では透析施設やMRIなどもある。比較的大規模な手術が可能
 

・  業務内容:健康診断、外来診察がメイン。昨今は高齢受刑者の増加に伴い、緩和ケアなどの需要が増えている
 

・  ココが凄い!①:育児休業男女問わず子供が3歳になるまで取得可能! 

これ。ほんまかいな? 3年ごとに計画的に子供作られたら、働かない医者をずっと抱えることになるで^^
 

・  ココが凄い!②:国家公務員だが兼業OK。報酬の伴う外部医療診療可能
 

・  ココが凄い!③:相談の上、施設への出勤日は『2/週』にもできる。

 

 
 

超絶ホワイト!

 

そして、こちらのサイトにあったQ and A

https://www.e-doctor.ne.jp/c/special/kyouseiikan/?BN

 

Q『刑務所や少年院で勤務していて、受刑者や非行少年から、脅かされたり殴られたりすることはないですか?

 
 

だよね! それ、気になるよね!

 
 

A『受刑者や少年を診察していただく際には、必ず刑務官や教官が付き添うことになっていますので、脅かされたり殴られたりする心配はありません』

 

 

…あ! 何か思い出してきた

 

私も数名、刑務所からの患者さんを診察したことがあったな

 

 

患者さんの発言内容のみフィクションです
 

初めて診察したのは『とある外病院』で外来のバイトをしているとき

もう5年くらい前のこと

 

看護師さん『先生。今日は●●施設から予約が入っています』

 

Taihei『? その施設にはDrいないの?』

 

看護師さん『いるみたいですが、専門科に紹介となったみたいですね』

 

 

そういうこともあるのか。初めてのことなので、少しドキドキする

職場の事情から怖い人達に慣れているとはいえ

受刑者』その響きはなかなか破壊力がある

 

 

患者さんが来た

手錠をされている

 

患者さんを囲うように、屈強な男性が3

 

屈強な男性A私は●●施設の施設官Aと申します!

 

屈強な男性B同じく、私はBと申します!

 

屈強な男性C同じく、Cと申します!

 

ABC背筋ピーン

 
 

Taiheiはいぃっ!非常勤職員のTaiheiと申します!

 

私も思わず背筋ピーン

 

 
 

やりにくいです

 
 

 

屈強な男性Aほら!ご挨拶をしないか!

 

患者さんよろしくお願いします…

 

屈強な男性Bハキハキ喋れっ!

 
 

患者さんはいぃ!背筋ピーン

 
 

 

怖いです

 

 

Taihei『あ、あの。て、手錠は外さないのですか?』

(間髪入れず)

屈強な男性A必要があれば外します!

 

屈強な男性Bいつでもおっしゃってください!

 

屈強な男性C鍵は持ってきております!

 

背筋ピンピンピーン! つられてピーン!

 

 

ジェットストリームアタックって、こういうことをいうのだろうか?

※ 機動戦士ガンダムで黒い三連星という『トリオ』が得意とするフォーメーション攻撃。矢継ぎばやに切られたり撃たれたり。

 

しょうが無いので診察開始

 

 

Taihei『きょ、今日はどうされましたか?』

 

かつてどうされたか?は聞いてはいけない

 

患者さんボソボソボソ…

 

屈強な男性Aハキハキ喋れと言っておるだろうがっ!!!

 

患者さんはいぃ!背筋ピーン

 

 

凄くやりにくいです

 

 

 

 

そんなこんなで時間は進み、問診はあらかた終了

 

Taihei『なにか、言い忘れたこととかありませんか?』

 

患者さん『なんだか、自分の病気のことが気になって。最近眠れないというか、肩こりも酷いんです…』
 

(間髪入れず、ジェットストリーム)

屈強な男性A余計なことを言うな!

 

屈強な男性B余計なことを言うな!

 

屈強な男性C事前に決めていた相談内容のみ喋れ!

 
 

 

もう、なにこれ!

 

超怖いんですけど

 

受刑者よりも、官の方が怖いのね!

 

 

そして『余計なことかどうか』を判断するのは私だ!

ちょっとあんまりだったので、言うことにした

 

 

Taihei『それも大事な内容ですから、余計なことかどうかはこちらで判断します。ちょっとだけ静かにしていただけますか?』

 

 

屈強な男性A失礼しましたっ!!!

 

屈強な男性B失礼しましたっ!!!

 

屈強な男性C失礼しましたっ!!!

 

 

背筋ピンピンピーン! つられてピーン!

 

私の経験が浅かったこともあいまって、なかなか戸惑う診察でありました。
いくら受刑者とはいえ、なんだか気の毒になった 

 

 

うーん。刑務所医になるってことは、つまりそういう環境で働くってことね?

慣れるのかもしれないけれど。私は向いてそうにない

 

 

 

 

 

『自分にまったく縁のない環境で暮らすほど恐ろしいことは、この世の中にまたとあるまい』

〜ドストエフスキー〜

 

 

 

 

『脳は素晴らしい器官である。朝起きるとすぐに活動を始め、オフィスに到着するまで機能を停止しない』

〜ロバート・フロスト〜

 

 

 

 

 

『怠惰な人間とは、仕事をしているふりをしない人間である』

〜トリスタン・ベルナール〜

 

 

 

 

 

 

『過去の労働の記憶は甘美なり』

〜エウリピデス〜

 

 

 

 

 

 

『労働は常に人生を甘美にするが、誰でも甘いものが好きだとは限らない』

〜フーゴー〜

 

 

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

↑1日1回押して下さいましたら、このブログを続ける元気になります^^

読んで下さってありがとうございました^^

スポンサードリンク

コメント

コメント一覧

    • 1. たかし
    • 2017年09月12日 14:24
    • うわ~そういう世界もあるんだなあ。
      条件だけみるとホワイトですが、
      刑務官の人怖すぎる…職場の空気も大事ですよね~
    • 2. dadacyamame
    • 2017年09月12日 18:50
    • 受診した人は、今後の生活もあるのでおとなしくしているのです。
      刑務官は、体面上そうなるのです。
      刑務官のほうが、日常はピーターラビットなのです。
      と私は思いました。
    • 3. かなみ
    • 2017年09月13日 12:34
    • 「ムショ医」という漫画を読んだことがあります。
      実際とどれだけ似ているかは知りませんが。
    • 4. 太平
    • 2017年09月13日 16:05
    • >たかしさん

      そうなんですね。こんな世界もあるようです☆
      多分、入ってみたら働きやすい環境なのでしょうけれどねw
    • 5. 太平
    • 2017年09月13日 16:06
    • >dadacyamameさん

      そうですね。そう思います
      ただ初回の場合は驚きますw

      そして環境が人を作る、ということもありますね
    • 6. 太平
    • 2017年09月13日 16:10
    • >かなみさん

      ネット検索したら、サンプルがあったので読んでみました
      なかなか壮絶ですねw

      女子刑務所はまた全然違う世界かもしれませんね
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット