土曜日はグルガオン(デリーの隣町)のホテルでパーティがあった。

数週間前から誘われており、コンセプトも聞かされないまま二つ返事で『行きます

 

昨日、出かける30分前にオッサンAから『婚活パーティだよ』と聞かされる

※ オッサンA:超優秀な日本人医師

 
 

おいおい。俺、既婚者やで。んなもんに行っちゃいかんでしょ

 

オッサンA『でも、Taiheiも行くって言っちゃったし。いまさらキャンセルなんて出来ないっしょ

 

Taihei『じゃあ俺、おでこに既婚ってタトゥー入れてくるわ

 

オッサンAでっかくおでこにバツ印入れて、中古車(バツイチ)アピールしたほうがいんじゃね?』


さすがオッサンA。私が事故車であることを深く理解している
優秀な男は、いかなる分野でも優秀である
 

 

 

どきどきしながらパーティ会場へ

 

 

ほぼ全員既婚者

 

 

ただの大人数飲み会(年齢層高め)でしたw

 

 

おのれオッサンAめ謀ったな

 

 

 

かくいう私。実は婚活パーティに参加をしたことが一度だけあった。

 

バツイチになって2年くらいが経過した折り。

 

ちまたに噂される、婚活パーティの雰囲気を。是非とも味わってみたかったのである。

 

さらに婚活パーティに医者が参加すると

グッピーの水槽にばらまいた餌の様に『
とんでもないモテ方』をするとも聞いていた。


 

是非とも経験してみたい!


そう
私は餌になってみたかった! 

 
 

あえて言おう、完全なる冷やかしだ。


 

最高に不純な動機をかかえた私は、東京に用事がある日に合わせ。婚活パーティを予約した。
 

ちなみにこの話は、嫁ちゃんにしたことが無い。

彼女がこれを読んで、不機嫌になるか上機嫌になるかは、全く読めない。
楽しみの一つでもある。
 

 

さあ、話を進めよう

 

東京は銀座、こざっぱりしたビルの4
 

私は男性参加者の控え室に通される。
 

うだつのあがらなそうな男たちが、なにやら一生懸命書いている

 

こういうときは質問するのが良い
 

私はとにかく声をかけるのが好きだ

 

 

Taihei『ねえねえ、何を書いてるんすか?』

 

客A『・・・プロフィールカード』

 

Taihei『プロフィールカードってなんすか?』

 

客A『…受付で貰ってこいよ。チッ

 
 

素人がこんなところに来てるんじゃねぇよ的な、殺伐とした舌打ちに感動する

 
 

そうか、ここは女性を奪い合う戦場。

 

彼らとは仲間ではなく、敵同士なのだ。気安く語りかけたりしてはいけない。

もしかしたら、一瞬の油断が、自分たちの子孫にまで致命的な迷惑をかける可能性だってあるのだ。

 
 

プロフィールカードなるものを貰ってくる。


そして気安く話しかける

 
 
 

Taihei『もらって来たっす。コレ、何書くんすか?』

 

客A『見りゃ分かるだろ? 職業とか年収とか、趣味とか。日本語読めないのか?

 

 

にほんごよめないのか?

 

 

コレが初対面の人に向かって言う言葉だろうか? 

おら、ワクワクしてきたぞ。

おいこら、読めるに決まってるだろ? 何言ってんだこいつは? 

しかし私も大人だからな、ここは愛想笑いでもしながら。柔軟な発言でコトを穏便にすませよう

 


 

Taihei読めません

 

客A『…(カリカリカリ)』

 

 

 
 

無視されました

 

 
 

とにかくプロフィールカードを書き、パーティが始まる。

男性参加者は10名、女性参加者も10名とのこと

 

女性参加者はそれぞれ個室に1名ずつ待機。男性参加者が個室に訪問し、7分間会話をする。
7分たったら合図があるので、次の部屋に入ってまた7分会話→繰り返し

 

面白いのは、部屋移動時間に2分時間が設けられていて。その2分間は一切会話が許可されていない

その2分間で相手の容姿をなめ回すように観察し、また相手のプロフィールカードを記憶するのだ、という。

これらは後ろの席に座っていた
秋葉原オタク風の客Bから聞いた。

 
 

お前はいったい何回来てるんだ?

歴戦の猛者か?

 

川を流れてくる石もそうだが、揉まれる回数が増える度に、その容姿は洗練されてくるモノであるぞ?

 
 

洗練されてソレなのか? 
スタンダールを彷彿とさせる『赤黒のチェックシャツ』は体のサイズより2周りくらい大きい

 
 

どういうことなのだ? むしろ東京では流行のスタイルなのか?

 

まさか、お前も『何かを検証しにきたのか?

 

 

 

かくいう私は『医者が無条件でモテまくる』それを検証するために来た。

 

だからプロフィールカードは『堂々とあるがままを書いた

 
 

名前:Taihei
 

職業:医師 ←ここは力強く書いた。ここを読み飛ばされると何をしに来たか分からない
 

未婚ですか?:バツイチ ←ここも力強く書いた。中古車を新車と偽って販売するわけにはいかない

喫煙されますか?:吸います。マルボロメンソールライト ←銘柄は聞かれていないが、もしかしたらタバコで話が盛り上がるかもしれないと思って書いた
 

お酒を飲みますか?:飲みます。ビールなら3Lくらい飲めます ←九州では酒が強い男がモテるって聞いた。ここはアピールチャンスだろう
 

賭博はしますか?:若い頃、パチスロと麻雀で生活の危機になったことがあります ← 現在は殆ど全くやらないが、若い頃『試練を越えてきた男』をアピールするために心を込めて書いた。

 

『趣味』とか『休みの日の過ごし方』、『最終学歴』そういう項目もあった。いずれもとにかく嘘を書かないように気をつけた。

 

 
 

初対面から嘘をつくような人間が再婚を願うなど、間違っている。

 

 

唯一気になったのは『年収』の欄に(男性のみ)と書かれていたこと
 

何故、男性のみなのだろうか? 男性のみの文字をで囲み、その横に『これについてどう思われますか?』と書き加えた

当然年収も正直に書いた。確定申告を終えたばかりの頃だったので、正確に覚えていた。一万円単位までキッチリ書いた。覚えていれば1円単位まで書いただろう

 

簡単な説明があり、閉まった扉の前に通される。
奥は小部屋になっており、女性が待っているらしい。

 

チャリラリラーン♪

 

開幕の合図だ、男達は一斉に扉をあけ。その奥に座る、未来の奥様へと立ち向かっていく。

 

 

このために産まれてきた!

 

私は意味不明なスローガンで、自身を鼓舞。その扉を開いた

 




 ジャミラ




ジャミラが座っていた


 

《続く》

1回が長すぎるという苦情が多数寄せられたため、小刻みにすることを試してみます☆

 

 

 

 

『悪い夫を手に入れる女性は、たいがい結婚を急ぎ過ぎた人です。

よい夫を得られるなら、いくら結婚が遅れても、遅すぎることはありません。』

〜デフォー〜

 

 

 

 

 

『その女性がもし男であったならきっと友達に選んだろう、と思われるような女でなければ妻に選んではいけない。』

〜ジュベール〜

 

 

 

 
 

 

『事情が変われば己も変わるような愛、相手が心を移せば己も心を移そうとする愛、そんな愛は愛ではない。』

〜シェイクスピア〜

 

 

 

 

 

 

『理想の人は必ず表れる、だから安心してね。だけど、ちゃんと自分自身を磨かないと会える時期が遅くなっちゃうの。でも必ず会える。来世かもしれないけれど』

〜詠み人知らず〜

 

 

 
 

 

 

『結婚の契約をしてからでなければ恋をしないというのは、

小説を終わりから読み始めるようなものである。』

〜モリエール〜


 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

 

↑1日1回押して下さいましたら、このブログを続ける元気になります^^

読んで下さってありがとうございます^^

スポンサードリンク

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. dadacyamame
    • 2017年08月29日 19:52
    • 女神様はサラスバティ弁天様ということでいかがでしょうか。
      嫁ちゃんは何か楽器をやりませんか。
      お医者さんは、音楽に興味を持っている人が多いですよね。
      太平さんはどのジャンルの音楽が好きですか。
    • 2. 太平
    • 2017年08月29日 22:03
    • >dadacyamameさん

      弁天様。蛇・龍系ですね☆ もったいないお言葉を頂きまして喜んでおります。

      嫁ちゃんはピアノがとっても上手。私も少しだけ弾けます

      音楽の傾向はコロコロ変わるのですが『中島みゆき』さんはずっと好きです。大好きです☆
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット