こんにちはTaiheiです。

今日の『世迷い言葉』は発想についてです。

私は4年前から医業のかたわら、医療機器開発を行っていました。なので『発明のため』に古今東西の発想法を集め、勉強を重ねてきました。

 
 

その中で『発想』は『人生を豊かにする』と確信に至りましたので、そのエッセンスをお届けできたらと思い、文章にすることにした次第です。

 

発想・発想法と一口にいっても、それは大変な量があります。

具体的な発想法、そのトレーニング方法などは『また別の機会』に記載するとして。

今日は発想というものの『中枢』『何故、人生が豊かになるのか』ということについて書きたいと思います。

 

まず【発想】について大辞泉を紐解くと

1 物事を考え出すこと。新しい考えや思いつきを得ること。また、その方法や、内容。

2 芸術作品など、表現のもとになる考えを得ること。「現実の事件から―した小説」

3 音楽で、楽曲のもつ気分や情緒を緩急・強弱などによって表現すること

 

とあります。何かしら新しいものを産み出すという印象の言葉ですね。
 

ではWikipediaを見てみるとどうか。

 

発想(ideaconception)とは、考え、着想、見解、思いつき、概念、想像力、理解のこと。

また発想とは、物事をどのように把握するか、見解をとるか、どういう概念で理解するか、ということ。
 

アイデア(idea)という言葉は、一般に、あるいは哲学の言葉・用語として、

「心の絵」「理解」という意味として使われる。

 
 

こう見ると、世界をどう理解するのか?という言葉でもあるようです。
 

つまり、今のあなたの発想というのは、『あなたが世界をどのように理解しているのか』ということが表れている、という言い方もできます。

 
 

たとえば、このように笑っている女の子がいて。
 

 02

 

ある人は、元気そうな女の子が笑っている。何か嬉しいことがあったのだろう、と思うかもしれません。またある人は、この子は周囲に合わせておどけているだけで、本当は面倒くさいと思っている、と思うかもしれません。

それはその人達の『そのときの』世界です。それ自体が間違っているわけでも、正しいわけでもなく、その人達の『そのときの』世界です。

 

最初にも書きましたが、発想法は山ほどあります。

しかしその基本はたった2つ。
 

自分の【当たり前】を疑うこと』と『できるだけ沢山想像すること』です

 
 

誰しも経験があると思うのですが。

人はこんな顔をして笑っていても。
02
 

 その実、内面は思い悩んでいる。ということがあります。
21
 

外には決して漏らしたくない『何か』を一生懸命隠していることがあります。

プライドのため
迷惑がかかるため
大事な何かを守るため
攻撃されないため
言っても理解されないため

色んな場合がありますね。 

 
 

そんなとき『君はいつも元気で良いね。悩みなんてないんだね』なんて言われて、カチンとくるような経験を誰しも持っています。
 

 

何が分かる!』と腹を立てたような経験を持っています。

 
 

何に悩んでいるのかは、他人からは分かりにくいです。下手すれば本人すら分からないこともあります。

 
 

もしかしたら

・  飼い猫が病気になったのかもしれない

・  誰か大事な人がピンチなのかもしれない

・  試験勉強が上手くいかないのかもしれない

・  FXで返しきれないような借金を抱えたのかもしれない

・  上司から暴言を吐かれ、同僚から苛められているのもしれない

・  何か体のトラブルがあるのかもしれない

・  恋人が2000万円の借金を連帯保証人を迫ってきたのかもしれない

・  ストーカー被害にあっているのかも知れない

・  ストーカーが衣類を盗んでいき、ジップロックにおさめてクンカクン力しているのかも知れない
・  子供が森○学園に入学予定だったのかもしれない etc

 
 

多くの人はそんな『もしかしたらを思い描いてくれる人に『癒やされた』経験も持っています。
 

思い描いてくれる人は、もしかしたら『そんな想像』を口に出さないかもしれません。

でも『思い描いてくれている』『想像してくれている』というだけで、癒やされた経験があると思います。

たとえ『余計なお世話だ』とその時は反発しても、時間経過とともにじんわり癒やしがやってきます


誰かが『一生懸命、見えないモノに近づくために想像してくれた』というのは、すごい力を持っています。
 

 

こんな想像は自分自身へも『良い影響』を与えます。

 

例えば、仕事に疲れて家に帰ったとき。遊びに来た恋人が怒っているとして。

 

恋人『最近、全然構ってくれない! 浮気してるんじゃないの?

などと面倒なコトを言い出した場合。

 
 

ウルサいな! 疲れてんだよ。面倒なコトギャーギャーわめくな!
 

といえば、喧嘩に発展する可能性が高いですね。(喧嘩するのが悪いとは思いませんが、このリズムで喧嘩になれば、おそらくさらに疲れるでしょう)

 

こんなカッとなって、思わず何かを言ってしまう瞬間発想法は豊かさをくれます。

 【自分から見て】
 

恋人要素

・  もしかしたら、何か本当に浮気を心配するような『誤解』の原因があるのかもしれない

・  過去に同じような流れで浮気されたことがあり、傷ついているのかもしれない

・  俺の疲れが『本当に分からない』のかも知れない。丁寧に説明したら分かってくれるかもしれない

・  何か別の理由で『イライラ』してて、それを安心できる相手にぶつけたいだけなのかも知れない

・  その理由はなんだろう?そういえばお父さんが体調悪いって言ってたな・・・

・  別れる『きっかけ』が欲しいのかもしれない

・  恋人自体が浮気をしているのかも知れない

 

自分要素

・  最近の俺の行動はどうだろうか? そういえば、先月の誕生日もまともに相手してなかったな

・  デートも家集合、家解散が当たり前になっているな

・  しかし、なぜ俺はこんなに疲れているのだろう?

・  恋人のことを『たいした仕事もしてないのにイライラすんな』ってバカにしているところがあるなぁ・・・ 俺も誰かにそんなこと思われたら嫌だな。

・  仕事場では上司に毎日『気合いが足りない』って怒られているな

・  『気合い』ってなんだ? どんな時に言われているかな?クライアントに対応した後が多いな

・  あぁ、俺。相手が嫌な気分になるのが怖くて、あんまり熱心に話さないな

・  上司も『俺の成長が全然見られなかったら』いやだろうなぁ。俺もそんな部下いやだし。

・  しかし、なんで熱心に話さないんだろ? 一生懸命やって、上手くいかなかったら自分が否定されたような気分になるから、それが怖いのか・・・

・  明日は、もう少し殻を破ってみようかな。もう少しだけ踏み込んで顧客と向かい合ってみよう。

・  本気でやってみてダメだったら、向いてないんだし。仕事変えることもできるもんね
 

 

この人の『当たり前』が『怒っている恋人と喧嘩をして、さらに疲れを増して、翌日の仕事もイヤイヤ行く』であるならば

 

その『当たり前』を『疑って』『色々想像する』ことで色んな新しい選択肢が出てきます。

どういう選択を選ぶのかは『個人の好み』なので『何を選んでも良い』と私は思っていますが、『選択肢』が増えるとその分だけ『自分自身が喜ぶ人生』に動きやすくなります。

それは一つの『豊かさ』と言えると思います。

 
 

例えば

 

A:恋人といる時間は癒やしにつなげて、職場でのことも『疲れすぎない』ようにしたい。


それが希望であれば、怒りをぶつけ合う以外の『行動』を選んでいけば良いですし(もちろん失敗するかもしれませんが)。

職場での疲れの中心が『上司からの攻撃』であれば『その攻撃が減る』方向の選択肢を選んでいくことがしやすくなります。

 
 

B:やっぱり、この恋人とは合わないから別れる。仕事も合わないから辞めたい。

であれば、別れて仕事を辞めてしまえば良いですしね。

合わないこと、どうしても嫌なことは『やはり、どうしてもダメ』なコトが多いので。それはスッパリ切れるのも、一つの『豊かさ』と思います。

 
 

『辞めたいけど辞められない!』という人もいるでしょう。
 

そのときも、本当に辞めたいのか? 本当に辞められないのか? 何を気にして辞められないのか? 実際辞めたら何が起きるのか? そのとき起こることは本当に問題なのか? 

と『自分の【当たり前】を疑い』『沢山想像する』と『自分が本当に喜ぶ選択肢』が見えてきやすくなります。
 

 

発想は『自分が本当は何が嬉しいのか?』に光を当てていく作業であり、『相手は本当はどう感じているか』を探していく作業です。

 
 

自分の【当たり前】を疑いながら、『自分』と『他人』のできるだけ『そのままの姿』に近づいていく作業と言い換えることもできます。

 

 

喩え話ですが。

世界中の人が『ビーフステーキが美味い』と言っているから、自分は嫌いなのに無理矢理『俺もステーキが好きなんだ!』と思い込みながら食べているようなことってあるんですね。

 
 

やっぱり『主体』は『自分』なので。『自分が本当に嬉しいこと』を自分でかなえていくのが『豊かさ』と思います。


そのために『自分自身を知る』必要があり、その方法としての『発想法』です。

自分が何が嬉しいか分からなかったら、自分が自分を喜ばせてあげようが無いのですから。
 
 

それは使い方によっては、他人にも『癒やし』として作用します。

 
 

くり返しますが

エッセンスは2つ

【自分の当たり前】を疑うこと

・  沢山想像すること

 
 

反響があれば、世の中の発想法『Taihei分類』と『使い方』

さらに【トレーニング方法】について書こうと思います。

 
 

これは誰にでも使えます。少し慣れるのに時間がかかる人もいるかも知れませんが、自転車に乗るようなモノなので。トレーニングで必ず使えるようになります。

 

もちろん競輪選手並みに使いこなしたいのなら『才能』と『修練』が必要になりますが。

日々の生活を便利にするママチャリレベルの『豊かさ』は、誰でもできます。

 
少し方向性が変わりますが。 

発想は『心を丸く・柔らかくしていく』作業だと、私は捕らえていまして。

 
 

相手と自分に対する『想像』が欠如した状態は、『心がいびつで、固くて、とげとげした状態』で。

お互いの心がトゲトゲしているので、互いに傷つけ合います。ぶつかりあっちゃうのですね。

【何で分かってくれないの?】をぶつけ合ってしまいます。

 
 

しかし、どちらか一方が柔らかくて丸ければ『互いにダメージが無い(少ない)』

 
 

心が柔らかく丸くなっていくようなモノが、広がっていったら良いなぁ』と思い綴らせていただきました。

自分を喜ばせてあげられる人が増えたら、きっともう少しだけ元気な世界になると。私は信じています。
 
 

これで、『発想が人生を豊かにする』の【概要】と【中枢】の説明を終わります☆

何か皆様の元気に繋がりましたら、『ヒモ』はとても嬉しいです。

 

 

 

 

 

『心を開いていれば、常にそこはフロンティアだ』

〜チャールズ・ケタリング〜

 

 

 

 

 

『「できるか?」と聞かれたら、いつでも「もちろん」と返事することだ。それから懸命にやり方を見つければ良い』

〜ルーズヴェルト〜

 

 

 

 

 

『少なくとも一度は人に笑われるようなアイデアでなければ、独創的な発想とは言えない』

〜ビル・ゲイツ〜

 

 

 

 

 

『自分の生きる人生を愛せ。自分の愛する人生を生きろ』

〜ボブ・マーリー〜

 

 

 

 

 

 

『全ては自己理解から始まり、自己理解に終わる』

〜詠み人知らず〜

 

 

 

 

 

 


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑1日1回押して下さいましたら、このブログを続ける元気になります^^
コメントも下さったら嬉しいです☆

スポンサードリンク

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. 吉市
    • 2017年07月25日 07:01
    • 目的に違いはあるけども認知行動療法に相通ずるものがありますね。自分の感情により焦点を当て、感情の安定感を増すことを目的とした特異的なものが認知行動療法と言えるのかもしれません。
    • 2. 太平
    • 2017年07月25日 12:06
    • >吉市さん

      なるほどね! 精神医学の『認知行動療法』はそういうものなのだね。
      『自己理解』で『精神のバランス』をとっていくのだから当然っちゃ当然だけど、面白いね。
      君の領域とコラボレーションさせて『本』書いたら面白いかもね。
      医療機器開発者+精神科医が語る『柔らかい生き方』的に☆
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット