皆様おはようございます、こんにちは、こんばんは、Taiheiです。

今日は、挨拶から文章をはじめます。

 

インドの挨拶はナマステ。これは貴方を尊敬しています、という意味もあるそうな。良いですね、出会い頭になかなか言えません。『私は貴方を尊敬しています

 

ところで英語のGood Morningはどういう意味か。

良い朝だね。良い日よりですね。というような意味だと思っていたのですが

 

雨でも台風でも雪でもGood Morningと挨拶をしている。

Bad Morningとは決して言わない。

 

長いこと疑問だったのですが、この2冊の本が解決してくれました。
 


英文法を撫でる』 渡辺昇一 PHP新書

『講談英語の歴史』 渡辺昇一 PHP新書

Kindle Unlimitedでタダで読めます)



 

Good Morningは I wish you a Good Morningの省略形なんだそうな

『貴方の良い朝をお祈りしています』が原形なんですね。

 

クリスチャンの国で生き残ってきた言語だから、挨拶にお祈りの精神が強いのかもしれません。

 

Merry Christmas

A happy new year

きっと全部同じなのでしょう。

 

ちなみにこの本には、イギリスの歴史と英語の変化についても書かれていて。

1066年にイギリスはノルマン人に征服されたため、イギリスの上流階級はみんなフランス人になる。彼らはフランス語しか喋らない下層階級となったイギリス人は英語しか喋れない。

 

すると権力の力学的に、下層階級であるイギリス人フランス語を覚えるようになる。

 

なので、フランス語から導入された言葉は、政府贅沢な衣類・食卓関係、教会関係、裁判関係が多いのだそうな。
 

たとえば、duke(公爵)  marquis (侯爵)  baron(男爵)

government(政府)  administration(行政)  tax()

apparel(アパレル)  gown(ガウン)  collar() pearl(真珠)

raisin(レーズン)  grape(ぶどう)  mustard(マスタード)  roast(ロースト)

 

こんな風に貴族が使いそうな言葉はフランス語が多くなる。
 

私が面白いなぁと思ったのは。肉の呼び方で

 

sheep(羊)ox(牛)pig(豚)もともとある英語

食肉を表す、mutton(マトン)  beef(ビーフ pork(ポーク)フランス語だそう。

 
 

つまり生きている動物の名前は、『農民が使う英語』が残り

『食卓にあがる贅沢品』『貴族が使うフランス語』が残った

 

現在の英語はその点がかなり珍しいらしい。

Pigは食材になるとPorkとなり

Oxは食材になるとBeefになる

(他の沢山の言語では、『動物』を意味する言葉の後ろに、『肉』を意味する言葉を置いて表現するらしい)

それに従ってPig-freshというような表現をするとイギリス人は生々しくて嫌がるそうな。

 
 


ここから先は本には書かれていないことで、私の想像だけれど


上記のような歴史的変遷で『生きている動物を示す単語』『食材を示す単語』が分かれ浸透したため、PigOxにより活き活きした印象が刷り込まれたのではないかと思う。イギリス人がもともとそういう文化だったというよりは、言語変化が先だって起こり、次いで意識変化が起こったのではなかろうか。

 

ちなみに我が国も、イギリスと似たような言葉の使い方をする。

例えば、牛は『うし』だが、牛肉は『ぎゅうにく』と音訓が変化する。

 

それは仏教の影響があり、明治まで食物禁忌のようなものがあったことに由来する。

『うしにく』と呼ばないのは、禁忌に対する背徳感があり『なまなましさを避けた』という説がある。

これが本当であれば、『トンカツ』や『牛脂』などの呼び方は思想が先にあり、次いで言語に投影された例になる。


 

ちなみにGodなどの、民族にとって大事な言葉は『一切多言語の影響を受けなかった』そうな。やはり『God』はイギリス人にとって大切な神だったのでしょうね。

 
 

なかなか面白い本でした。

 

 

さて表題

『インド』VS『パキスタン』クリケット世界戦の決勝

インド人達と大騒ぎしながら観戦します! わーいわーい、お祭り大好き♪

 

これはチキンロール。
IMG_2626

クレープの様な生地でチキンとキャベツが巻いてある。

 

これはチップス。
IMG_2628

黒いのがオリーブ、ワックスみたいなやつはガーリックディップ。チップスですくって食べる。

 
 
IMG_2629
 

↑シェフ(オーストラリア人の同居人)がフライドチキンを作ってくれた。

 美味しい。

 

付け合わせのボイル野菜。
IMG_2631
 

 

試合結果はインドの惨敗。ダブルスコアくらいつけられて負ける。
パキスタンの選手は一瞬だけ飛び上がって喜ぶと、全員で(多分)メッカの方を向き。頭を地面にこすりつけてお祈りをした。なにが?と言われると分からないけれど、ドキッとするほど美しかった。
 

インド人達はガッカリしたのか、酒に飲まれたのか、ソファーに轟沈。

シェフが優しく毛布をかける。

 

I wish you a good night.

 

この写真は戦いの爪痕でアル。

 IMG_2633

 


 

 

 

『戦いは相手次第。生き様は自分次第』

〜小野田寛郎〜

 

 
 

 

 

 

『視点を変えれば、不可能が可能になる』

〜ハンニバル・バルカ〜

 
 

 

 

 

 

『力を出し切ったから、負けても悔いないって言うやつおるやろ。アレは嘘や。負けたら悔い残るっちゅうねん』

〜辰吉丈一郎〜

 

 

 

 
 

 

『「できるわけがない」で大幅に改悪される。「つくれやしない」でまた大幅に改悪。こうしてわざわざ敗北を呼び寄せる』

〜スティーブ・ジョブズ〜

 
 

 

 

 

『読書は自分のあたまによらず、他人の頭をもって思索することである』

〜ショーペンハウエル〜
 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


↑1日1回押してくださいましたら、このブログを書く元気になります^^  
スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット