こんばんは

さてさて目下、全然人気のない私のブログですが、好きだから続けちゃいますよ。あ、腹痛は改善しました、インド人に『あんたタフだね、そんな日本人みたことないよ』と呆れられています^^;

 
IMG_0760
写真は大学の食堂。安くてとっても美味しい!
 

 

話は変わりますが、インドの病院に入って仕事をしています。

インドの医療事情を少しだけ。

 

貧困層が主に使用する政府管轄の病院。

治療費・診察代・薬代、全てタダ!

 

当然患者は殺到

待ち時間も長いです、そして混んでいます

 

設備も必要最低限

 

お金持ちは設備の良い病院を受診して、快適に過ごします。

 

ただ医師は、インドの最難関の医大を卒業した医師が派遣されるため非常に優秀。

 

だけど診断のために必要な検査は、時として外で受けないと行けません。

 

例えばCTとかMRIは施設内にないので、外で受けることになります。

 

その場合はCT1300円くらい、MRI3800円くらいかかります。

 

・  ・私もすくなからずの患者さんが『ごめんなさい、その治療を受けるお金は私にはないから我慢します』というのを目にしました。

 

 

色んな感情がこみ上がる物です。

軽はずみには言葉にはできない感情

 

 

 

また別の場面では、同じ診察室の机に医師が二人、二列で診察を行います

 

患者さんがとんでもなく多い(耳鼻科は医師1人が時速35人のペースで診察していくのを見ました)

 

同じ診察室に(6畳も内)に12人くらい患者さんが入って、順番待ちをする場面もちらほら

 

当然、診察中の患者さんの情報は筒抜け

 

プライバシーも何もありません

 

 

 

患者さんの殆どが英語が通じないので、インド人に聞いて貰いました

 

「プライバシーとか全然ないけれど、それでいいの?」

 

「え?タダで医療を受けられて、質の良い医者に診て貰ってるのに、これ以上なにを望むの?」

 

 

 

別の患者さん

 

「凄く満足してるよ。だってこの病院は来れば必ず先生に会えるのだから。(来てもその日に医師に会えない病院はざらです)」

 

 

 

なるほど。

 

なるほどなぁ。

 

 

ここはそういうところです。



良いとか悪いとかじゃないんだけど


なんだろ。うん、色んな感情がこみ上げます。



↓気が向いたら押してください。  


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック