『プロ旅行演出家の朝は早い⑤』

 

インドの首都ニューデリー

喧噪取り巻く商店街、コンノートプレイスの一画。

ここに大きな交差点がある。

プロ旅行演出家、匠の仕事場である。

 

世界でも有数の旅行演出家。

彼らの仕事は普段決して表舞台で語られることは無い。

 

我々は、プロ旅行演出家の一日を追った。


001



カフェで匠と日本人の軽妙なトークが続いていた。
 

「そうなんだ、医療機器を作りにインドに来ているんだね。いやぁ凄い人と会話ができて嬉しいよ。娘にも会わせたいよ」
 

日本人「娘さんがいらっしゃるんですね」
 

「うん、もう3歳になる。ナンチャパティ=ロティチャイって名前なんだ」

 
 

当然、匠に娘はいない。娘どころか嫁すらいない。彼女もいないし、元カノは前世まで遡らないといけない。

だけどまだ見ぬトモダチがいっぱいいるから構わないのだ、と匠は言う。

 
 

後日、このときの会話の意図を匠に質問した。

 

Q.えっとお子さんはいらっしゃらないですよね?

「ええ、はい。私に娘はいません。これもね演出なんです。娘がいる、ってことは家庭がある。守る物がある人の方が安心感があるでしょう?あぁきちんとしてるんだろうなって。私はお客様に安心して貰いたいのです

 

Q.それは嘘にはならないのですか?

え?当然、嘘ですよ

 

Q.いやしかし、匠は『旅行者を騙すことは許せない』と・・

「あぁ、嘘をつくことと騙すことは全然違います

喜んでいただくため、思い出を作るためになら嘘はいくらでもつきます。

嘘と騙すことは一線を画しているんです。

プロレスを見るときに演技だって怒りますか?映画を見ていてこんなの虚構だって怒りますか?

生の演出の一部なんです、伝えたいことを伝えるための手段なんです。この場合は、安心を届けたいのです。

私だって嫌ですもの、安心できない人とずっと一緒にいることは」

 

 

一番大事なことは喜んで貰うこと、お金はそれについてくるものなんです。匠はそう強調する。

 

 

 

匠達がカフェから出てきた。「タダで見れるところだけど、ちょっと作法あるんだ」という音声をマイクは拾った。2人で向かう先はどうやら寺院のよう。
 

匠の誘導は実になめらかに進む

匠は言う「相手に選んでいただくことが肝要である」と。

「選択肢があると人は安心するんです。あぁどっちを選んでも良いんだなって。そこでポイントはがっつかないことです

あくまでもサラッと“これは見た?”って聞く。あれ?行きたいの、ならハンバーガーご馳走になったし、お礼に案内するよ?

という、この軽さが大事。簡単そうに見えるけどアマチュアはここがぬるいんですね。それじゃチャパティは食べれても、ナンは食べれるようになれません(笑)」

 
 

2人は寺院に入ってゆく。どうやらまずは靴と靴下を脱ぐよう。撮影禁止らしく携帯電話も金庫にしまうようだ。

匠は日本人から預かった携帯電話を大事そうに金庫にしまうと、日本人に背を向け小型カメラとマイクも外してしまった。


我々としては撮影できないのは残念であったが、こういった行動も匠らしさなのだろう。




誰かが大事にしているものは、できるだけ大事にしてあげるのが良いんです〜

匠の著書『みんなトモダチ』の一節が思い出される。

 

 
 

日本人「ほんとうにタダなんだね」
 

「そうだよ、本物はみんなタダなんだ。太陽が光熱費を取りに来たりするかい?」
 

日本人「あはは、面白いことを言うね」
 

「・・・」
 

日本人「どうしたの?」
 

「・・いや、うーん。やっぱりちょっと綺麗すぎると思うんだ」
 

日本人「え?どういうこと?」
 

「いや、君の格好が綺麗すぎるから、旅行者丸出しで危ないと思うんだよ」
 

日本人「そうなのかな?」
 

「うん、インドの服を買って溶け込んだ方が良いよ。そのままだと悪いインド人が集まってきちゃう
 

日本人「うーん」
 

「これはタダじゃ無いんだけど・・、近くに安くて良い服を売っている店があるんだけど見てみる?
 

日本人「うんうん、行く行く!」

 
 

完全に匠のペース。
まともに土産物屋に連れて行けるまでに5年はかかる

というのはけして大袈裟な表現では無い、卓越したそれらの技が一朝一夕で身につくものでないことは、素人である我々の目からしても明らかだった。


 

《続く》

    プロ旅行演出家の朝は早い《1》

    プロ旅行演出家の朝は早い《2》
    プロ旅行演出家の朝は早い《3》
    プロ旅行演出家の朝は早い《4》
    プロ旅行演出家の朝は早い《完結》



↓1日1回押して下さいましたら喜びます^^



にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. 阿部博章
    • 2016年02月25日 18:58
    • 4 岩田健太郎先生の"「患者様」が医療を滅ぼす"の中に出てくる"ファンタジーの世界"ですね。これが理解できないとギスギスした社会になります。
    • 2. 太平
    • 2016年02月26日 01:47
    • >阿部先生

      岩田健太郎先生ですか。ふむー私はその本は読んだことがないので、日本に帰ったら開いてみます。
      いつも読んでいただいてありがとうございます^^
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット