【今日もインド!】

君はリキシャマン!《1》

インドに来てから学んだこと:怪しいインド人要素

危険度を★で表しています

※あくまでも私の個人的な経験に基づく勝手な見解です。

 

話しかけてくる 危険度★:インド人は好奇心旺盛だったり、親切な人が多いので結構話しかけてきます。英語はかなりききとりにくいですが、経験上、英語が聞き取りにくければ、聞き取りにくいほどいい人である可能性が高いです。

その場合、「○■▲ Market ☆◎☎ Go ▽×□」というようにヒンドゥ語、英語、ヒンドゥ語、英語、というネギマみたいな形で話してくることがあります。

「お前はルー大柴か!」とつっこんだところで理解されないので注意しましょう。

 

英語が上手 危険度★★★:かなり旅行者になれているインド人です。とくに自身が英語を勉強中の人は注意しましょう。私のような付け焼き刃の英語学習者は独特な発音のインド英語に自信を喪失しやすく、疲労がたまりやすいことが予想されます。

ちょっとしんどいなと感じ始めたとき、聞き取りやすい英語で話しかけてくれるインド人は、日照り続きの田んぼに舞い降りた慈雨が如く、きっとあなたの自信を回復させてくれることでしょう。そして連れて行ってくれることでしょう、土産物屋へ。

 

日本語を知っている 危険度★★★:英語が上手なインド人とほぼ同様です。ただ、インド人は話しかけることが好きな人が多いです。色々な言語の『こんにちは』や『ありがとう』を覚えている人も沢山みました。どのくらい喋れるかを注意深く観察しましょう。

 

日本語が上手 危険度★★★★★

詐欺師です。もしかしたら日本が大好きで、日本語を一生懸命勉強して、さらに観光地に来て日本人を探し出して、やったぜ!日本人だ!俺は彼らを喜ばせたいぜっ!というインド人がいるのかもしれませんが、25メートルプールの中に投げ込まれたコンタクトレンズを見つけるくらい難しいでしょう。

※よく見たら日本人である場合もありますので、そこは確認しましょう。

 詐欺師

 

昼になって、ホテルを出発、今日は観光だ!おっさっそく来たなリキシャマン。ターバン巻いて、良く喋るね、あんたは「from Japan?わお、こにちは。わたし、にほん大好き。」

あぁ、来た来た、俺知ってるぜ、日本語喋るインド人は信用しちゃだめだって。

《続く》

コメント頂けますと喜びます^^
↓↓良ければ下の二つのボタンを、1日1回クリックして応援して下さいますと嬉しいです。
(ブログのランキング を閲覧できます)


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット